• TAKUMI

綺麗に伸ばすなら【美髪カラー】一択

更新日:7月20日


こんにちは☀️



今日も金髪の匠です✌️🌈






BTSのジミンちゃんに寄せてカラーしましたが

色はだいぶ抜けてしまいました。笑



しかも、最近のジミンちゃん…


黒髪になっとるやないかー❗️🤣



あぁ。

なんてかっこいいんでしょう…😂💖



ジミンペンの方がいらっしゃいましたら

ぜひ熱く語りましょう🥳笑





そんなこんなで


8月1日よりご新規様のご予約受付を再開することになりました。


(ご案内は10月です)




このブログを見ていない方からしたら



『美髪メニュー推してるのに何でスタッフ

さんは金髪なの…?』



と、私だったら思います😅





美髪メニューを推してるからこその金髪



ですよ😌





パーマや縮毛矯正よりもダメージのリスクが高いのは【ヘアカラー】です。



こちらをご覧下さい👇




髪の毛にとって一番健康なのは

弱酸性の状態ですが



パーマ液(縮毛矯正の薬剤も含む)よりもアルカリが強く

髪の毛に対して負担が大きいのは


意外にも【ヘアカラー剤】なんですよ。



さらにハイパワーなのが【ブリーチ】です。



だから、あえて美髪カラーで

一番髪がダメージしやすいブリーチを2回してみたのです。




さすが美髪カラー✨


今のところパサつきやゴワつきはさほど感じていません😌





どんなに知識を知ったかぶりしようとしても


頭の悪い私は自分自身が体感したことしか伝えられないので


いつも自分を実験台にしています💣




なぜここまでやるかといえば

スタイリストになってからずっと感じてきた



ダメージした髪と美容師の葛藤



があるからです。








・痛みすぎてカラーが狙った色に染まらない



・染めたては良くてもすぐに色が抜けてしまう



・カットしても思い通りの仕上がりにならない


(毛先がパサつく、広がる、膨らむ)



・まとまらない髪をアイロンやブローでごまかさなければ

下手な美容師だと思われる....


(現在はしていませんよ🤣)




など。




『ダメージしていなければもっと綺麗に狙った色に染まるのに』



『ダメージしていなければ今よりずっと色持ちがいいのに』



『ダメージしていなければもっと毛先がまとまるのに』



『ダメージしていなければもっとツヤが出て綺麗なのに....』




正直、あげてしまえばキリがありません。




もちろん、ダメージしている状態から美髪になるには

どうしても時間がかかってしまうので


今の状態での一番ベストな仕上がりを目指しています。




ただ、美髪メニューを取り入れたことで

より綺麗な仕上がりを追求するようになると



『ダメージしていなければもっといい仕上がりになったのに』



と思ってしまうんですよね。



美容師としてはとても悔しい気持ちです💦




しかし



お客さまの髪をダメージさせてしまっていたのは美容師である



ということも事実。



髪質改善を求めるお客さまの髪を見て

カウンセリングや施術を通して


ここ2年間で気付いたことです。




残念ながら髪は死滅細胞なので

ひどくダメージしてしまうと修復は不可能



優秀なトリートメントで表面をコーティングして

”綺麗に見せる”ことは可能ですけどね...💦





髪質改善を求め


美髪矯正シルクレッチ®︎でご来店されたご新規様を

初めて担当させていただく際


蓄積したヘアカラーのダメージに



『痛んだところを切っていくしかありません』



と言うしかないことも多々ありますし



『この際ばっさり切って綺麗に伸ばしていきたい!』



というお客さまも多いです。




そんな時こそ


美髪カラーに切り替えるチャンス☝️✨




髪がボロボロになり髪質改善を求める前に


定期的に行っている【ヘアカラー】を見直すことで


1年後、3年後、5年後の髪の状態に

大きな差が出ますよ😌✨



とくに



☑️短いスパンで白髪染めをしている方


☑️髪の毛にツヤが欲しい方


☑️綺麗に伸ばしていきたい方



には【美髪カラー】一択☝️





美髪カラーの詳しい仕組みなどは

ご来店の際にお伝えさせていただきますので


興味のある方はお声がけくださいね😌✨









最新記事

すべて表示