• TAKUMI

髪のお悩みが深刻化する前に



この2年間【髪質改善】と検索し


美髪矯正シルクレッチ®︎を見つけて



初めてHAMMOCKに足を運んでくださったお客さまが

たくさんいらっしゃいます。


『髪が広がってどうしようもない』



『ゴワゴワパサパサでツヤがない』



『とにかくダメージが酷くなんとかしたい』



『朝のスタイリングが大変』



『時間をかけて広がりを抑えても無意味』



『広がりを抑えるためのアイロンをやめたい』



『バサバサの髪を見るたび泣きたくなる』



といった悲痛の声。








"髪は女の命"



という言葉があるくらいですから

髪が綺麗だと鏡を見るたびに嬉しくなりますし


髪がバサバサだと当然気分も落ち込みますよね。

そしてこれらのお悩みを抱える方には


共通点がありました。


それは、白髪染めやおしゃれ染めを含め



【継続してヘアカラーをしていること】



ヘアカラーが髪のダメージに直結する



というイメージはあまりないかもしれませんが


私たちがどう誤魔化そうと

ご来店されるお客さまの声が全ての答えなのです。


従来のヘアカラーによるダメージが


みなさんのお悩みを深刻化させている

これが今の現状です。







美容業界に溢れる最新のカラー剤は


高発色や透明感を売りにしているものが多く



パワーが強いためにダメージしやすいことも事実です。




最新の高発色なカラー剤が出始めた頃


私は自費で購入し、カラーしていたことがありますが



あまりの手触りのゴワつきに不快感しかありませんでした。





髪はダメージすればするほど

綺麗に染まりにくくなり発色もしづらくなります。



そこでさらに高発色でパワーの強いカラー剤を使用し

髪はさらにダメージする



という悪循環に....



どのカラー剤を使うかよりも


どう使うかを見直さなければいけない。




一刻も早く

正しくヘアカラーをしなければ髪はダメージし続ける

ということに気付かなければ


悪循環の沼から抜け出すのは…正直、難しいと感じます。


HAMMOCKでは

美髪に導くためのメニューの一つとして


【美髪カラー】


を取り入れています。







いきなりカラー剤を塗布し

急に反応させてしまうとダメージに繋がります。



美髪カラーはカラー剤塗布前に

保湿剤で毛髪内部のpH値を安定させ


カラー剤をゆっくり正しく化学反応させます。



カラー後、いきなり流すのではなく

pH値をコントロールしながら


毛髪内部をクリーニング☝️



ゆっくりと髪の表面を閉じることで

安定した状態に仕上げることができ


お家に帰ってからのダメージを進行させません。





好評いただいている美髪矯正シルクレッチ®︎も

なくてはならない素晴らしい技術ですが

根本から美髪に導くためには


今まで当たり前にしてきていたヘアカラーを

見直さなければいけない

ということにこの2年で気付いてしまいました。

そのために【美髪カラー】は欠かせないということ。




手に負えない状態になってからではなく


悩みが深刻化する前に予防する。



根本のダメージしている原因をなくした上で

美髪矯正シルクレッチ®︎をすれば


さらに扱いやすく綺麗な仕上がりになります。




従来のカラーと美髪カラーの違い

実際に美髪カラーに切り替えた方の変化


こちらご覧くださいね👀👇



◯根本的な美髪に欠かせないもの


◯炭酸リセット洗浄と美髪カラーの違い


◯美髪カラー継続後の変化





美容師の知識は以外と化学的で

頭の悪い私には難しいことが多すぎるので🤣

カラー施術で髪が一番ダメージするブリーチを

自分の髪で全頭2回、美髪カラーにて施術しました。




全ては体感。



実際に私が感じたことを次のブログでご紹介します😌










163回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示